04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

《アテネ半日観光〜カリムノス島到着まで》 

IMG_5964.jpg
週末、カリムノス島行きの飛行機は1日2便しか出ていない。
しかも夕方まで便がないので、日程2日目の行程は自ずと市内観光となる。
古代文明が発展し、日本がまだ弥生時代だったころには巨大な神殿が建てられ、
都市として栄えていたアテネ。
そんな見所いっぱいの歴史都市を駆け足で観光して来ました。
文字色
※写真はクリックすると大きく表示されます。

朝7時半頃起床。
朝食込みの宿泊プランだったので、ホテルで朝食。
朝食後、ダンナ君はお部屋でお仕事をすると言うので、一人でホテル周辺の散策へ。
IMG_5981.jpg IMG_5986.jpg
*ロシア教会。ちょうど日曜礼拝中だった。  *トラム(路面電車)

IMG_5987.jpg IMG_5993.jpg
*街中の「テルマエ ロマエ」(ローマ浴場)の遺跡 *生花を持つ銅像。なんだか素敵☆

IMG_5996.jpg IMG_6004.jpg
*アドリアノス門(紀元2世紀)       *ゼウス神殿(紀元2世紀)

IMG_6003.jpg IMG_6012.jpg
*市内には野良犬が多い。でもみんなお利口。  *野良カメも沢山いた。

チェックアウトの時間が近付いて来たので、一旦ホテルへ。
IMG_6052.jpg IMG_6053.jpg
*宿泊したAmalia Hotel。立地条件、サービス等々 とても良いホテルだった。
チェックアウトを済ませ、観光中不要な荷物はホテルのストレージに預け、
今度はダンナ君も一緒に観光へ。

IMG_6069.jpg IMG_6074.jpg
*観光の前にお買い物♬        *クネクネと路地裏を歩いて、アクロポリスの丘へ。

IMG_6084.jpg IMG_6116.jpg
*161年から現役のイロド・アティコス音楽堂   *アクロポリスの丘から市街を一望

IMG_6118.jpg IMG_6153.jpg
*パルテノン神殿           *エレクティオン(レプリカ。現物は博物館に)

続けて古代アゴラ遺跡も見学して、古代遺跡観光は終了。
IMG_6228.jpg IMG_6233.jpg
*タベルナで遅いランチ          *作り物のようなイチゴの山

IMG_6235.jpg IMG_6237.jpg
*「地球の○○方」を見ながら道迷い中。。  *Google Mapで解決、一路ホテルへ

ホテルで預けていた荷物を受取り、@16:00 シンタグマ広場からエアポートバスで空港へ。
バス乗場で乗車券を購入(€5)し、乗車時に刻印機で乗車時刻を刻印する。
ガイドブックにはシンタグマ〜空港まで所要1時間10分とあるが、
往復とも40分弱で着いた。週末だったから道が空いていたのかも。
空港へは地下鉄でも行けるが、諸条件を考えるとバスの方が便利だと思う。

空港に到着し、昨夜預けたスーツケースをピックアップ。(€9/個を支払)
2階の出発ロビーに移動してチェックイン。
搭乗まで時間があるので、カフェでPCを開き時間を潰す。
空港は無料Wifiが飛んでいる。

IMG_3766.jpg19:05 オリンピックエア6228便でコス島へ。
機材はプロペラ機でした。
恐らくカリムノス空港行きと同じ機材(?)
アテネからカリムノス島への直行便もあるけど、
機材が小さく(プロペラ機)、空港も高台にあるので
風の影響を受けやすく、強風の日は欠航になる…
それに比べ、コス島行きは機材が大きく、
平地に空港があるので欠航になりにくい。
面倒でもコス島からフェリーを利用して
カリムノス入りした方が無難・・・
と多くの方のBlogに書いてあった。
でも、私達が乗った機材では、コス島行きも
風が強い日は欠航になるかも。
そして、強風だと高波でフェリーも欠航するので、
こればかりは、本当に風任せ。
幸いなことに、この日は穏やかな天気で
ほぼ定刻通りにコス空港に着陸。


コス空港からはタクシーでMastichari(マスティハリ)港へ。
タクシーはメーターが無いので、乗車前に必ず料金を確認。
どうやら港までは€15と決まっているらしい。
そうそう、ギリシャはあまりチップを払う習慣がないらしい。
タベルナで他の客を観察していても、テーブルにチップを置いて行く人はいないし、
ウェイターやタクシー運転手もチップ要求の仕草を全くしない。
結局、ギリシャ滞在中にチップを払ったのはホテルとStudioだけだった。

IMG_3768.jpg IMG_6249.jpg
10分程でMastichari港に到着。
出港30分前にチケット売りのスタッフがやって来て、€6でチケット購入。
そして、乗船し21時の出港時間を過ぎても一向に出航しない。。
最終フェーリーはその日の最終フライトの到着を待って出港する・・
結局、出港したのは1時間半遅れの22:30だった。。。
隣席の地元の夫婦に聞いたところ、いつもこんな感じで遅れるらしい。
う〜〜ん、これだとカリムノス島へ直接飛んだ方が良かったかも。
でも、色々な要素を吟味してプランニングすると、
今回の行程が一番無駄がない・・スムーズに行けばの話し。
まぁ、これだから旅行は面白いのだけど。

出港してから約30分でカリムノス島Pothia港に到着。
(Pothia/カタカナ表記するなら“ポシア” ※thの発音に注意)
深夜の到着でも港には沢山のタクシーが待ち受けていた。
Masouri(マスーリ)までの料金を確認してから乗車。(€15)
(地元の人が利用すると€15もしないらしい。。観光客は一律€15?)
タクシーに乗ってから、Studioの管理人Katinaに電話。
20年間オーストラリアに住んでいたとの事前情報に期待したが、
全くもって何を言っているか解らない(笑)
取り敢えず、タクシーで向かっている旨を一方的に伝えて電話を切った。
Studioに続く階段の前でタクシーを下りると、Katinaのダンナさんが待っていてくれた。
案内されたお部屋はベットが3つ・・・?まぁ〜いっか。
(後に、Katinaの愚痴でダンナさんはかなり“テキトー人”だってことが判明・笑)
日付が変わろうとする頃、やっとカリムノスの地に落ち着くことが出来たのでした。


〜カリムノス島 クライミング編に続く・・・〜

カテゴリ: Kalymnos Climbing

tb: --    cm: 0

« カリムノス島 "Climbers Paradise" 滞在記 その1  |  Climbing Tour to Kalymnos, Greece 〜アプローチ編〜 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。