FC2ブログ
08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

北アルプス稜線歩き <1日目の記録> 

IMG_3339.jpg
登山大嫌いだった私が、こんな所を歩くようになるとは・・。
昨年の夏、一人テントを担いで訪れた涸沢。
奥穂高岳の山頂から、南北へ続く山々の稜線を眺めたとき、いつか歩いてみたいと思った。
そして、今年の夏は念願の稜線歩きをダンナくんと一緒に楽しんで来ました。

※注)今回のレポも長いです。文字色
予定行程
7月27日(金) 新穂高温泉ー槍平小屋ー南岳新道ー南岳(テント泊)
  28日(土) 南岳ー大キレットー北穂高岳ー涸沢岳ー穂高岳山荘(テント泊)
  29日(日) 穂高岳小屋ー奥穂高岳ージャンダルムー西穂高岳ーロープウェイで下山

*Day-1*
普段からトレーニングしているダンナくんにとっては超ゆるい行程。
普段、全くもってトレーニングをしていない私にとっては・・??^^;
どうなることやら。。。と不安を覚えながら出発!
IMG_3179.jpgIMG_3187.jpgIMG_3196.jpg

26日(木)深夜2時半に到着した、深山荘無料駐車場は既に100%越えの満車。
でも、運良く隅っこの空いたスペースに駐車することが出来、朝まで仮眠。
27日朝6時半、駐車場を出発。登山届けを出して、ひたすら林道を進みます。
IMG_3242.jpgIMG_3255.jpgIMG_3247.jpg
タマガワホトトギス    センジュガンピ(白いナデシコ)
林道脇には色々な植物が咲いているんだけど・・・
「写真撮りたければ、追いつけ!」と・・カメラはダンナが携帯。
ってな訳で、植物に萌えている暇もなく歩かされるのでした。。orz..
そうそう、トレイル脇に面白い立て看板発見!(写真右/クリックで拡大)
『緊急避難場に付、キジ打等禁止』と書いてあります。
ダメですよ、奥の岩屋根でキジウチしちゃ!(笑)
IMG_3271.jpgIMG_3287.jpgIMG_3295.jpg
滝谷(写真左)を通過し、槍平小屋でしばし休憩。ここから南岳新道へ。
ちょうど同ルートを下って来た若い3人組の男子にルートの状況を確認。
雪渓は問題ないけど、キツいっすよ〜と。。がんばります。。^^;;;
最初の雪渓手前にルート上の危険箇所が丁寧に書かれた注意書きが。(写真右)
IMG_3300.jpgIMG_3319.jpgIMG_3323.jpg
気を引き締めつつ、標高差約1000mをひたすら登る!
日陰に春の花・キヌガサソウがまだ咲いてました。
IMG_3355.jpgIMG_3363.jpgIMG_3389.jpg
森林限界を越え、上部の雪渓をトラバース。@15:30 やっと南岳小屋に到着!
あぁ〜シンドカッタ。。。小屋でテント場の受付を済ませ、チャチャッと設営。
IMG_3395.jpg
笠ヶ岳を望む絶景のお宿デス。
そして、テン場のすぐ近くでは 雷鳥の親子がお散歩ちゅう♪
IMG_3369.jpgIMG_3374.jpg
4匹のヒナがひょこひょこ歩くのを、母鳥が見守っていました♡
IMG_3387_20120803011601.jpgIMG_3390.jpgIMG_3386.jpg
撮影権を手に出来たので、カメラを持って小屋周辺をウロウロ。
キバナシャクナゲやチングルマ、ハクサンイチゲ etc
お花畑の広がる、夏のアルプスはやっぱり良いですね♪
夕食を食べて、Yogaをして、@20時就寝。
・・しかし、この後天気が急変。
風が強くなり、雨が降り出し、空がピカピカ・・
神経質な私はなかなか眠れないまま、夜は更けて行きました。。。

**2〜3日目につづく・・**

カテゴリ: Trekking

tb: 0   cm: 0

« 北アルプス稜線歩き <2日目の記録>  |  リベンジ! 〜今度こそ日本一の頂へ〜 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://etcetelife.blog.fc2.com/tb.php/268-f53c2dce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。