FC2ブログ
08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

2010 1st Back Country Tour @ KAGURA 

先週、初滑り~で、今週はいきなりバックカントリーへ!
しかも、Split-boardデビュー文字色

*まずはSplit-Boardについて*
スプリットボード(以下SB)とは・・・?
先日の初滑り記事でちょこっと触れましたが、本来1枚板であるスノーボードが割箸の様に2本に分割される
スノーボードの事をSplit-Boardと言います。
通常スノーボーダーがバックカントリーへ入る際、ハイクアップ(登山)時にはスノーシューを履き、
板をバックパックにくくり付けて背負います。
DSCN0382.jpg
バックパックには非常食や行動食、飲料水(1.5?)に防寒着の他、
雪崩遭遇時用にシャベルやゾンデ、遭難時用のツェルト・・etcが詰め込まれています。
そこにボードが足されると、かなり重たいのです。
その荷物を背負って、2~3時間ハイクアップするのはかなりシンドイ!
そして勿論のこと、滑走時にはスノーシューをバックパックにくくり付けなければなりません。
そこで、同じく裏山滑走を楽しめるファットスキーやテレマークスキーの様に板を分割し、
ハイクアップ時にはソール(板裏)にシール(クライミング スキン)を貼って登り、
滑走時には分割した板を合体させ、スノーボードとして滑走すれば楽なのでは?
と開発されたのがSBなのです。
P1090001.jpg P1090011.jpg P1090006.jpg
とっても素晴らしいコンセプトの板なのですが、日本ではまだマイナーな存在で
製品化しているブランドは極僅かで入手困難。
「ならば~自分で作っちゃえ~!」と立ち上がったのが、いつもお世話になっているツアーガイドの永井さん。
彼は若いながらもバイタリティー溢れる企業家でもあり、VOLTAGE designというオリジナルブランドのディレクターとして、
バックカントリー用をメインに板の開発・販売もしているのです。
その永井さんのセールストークや実演にまんまと(?)嵌った結果、
今シーズンはSBでバックカントリーを楽しむ事になったきんじなのでした(^^)v

プロローグが長くなりました(^^ゞ では・・本編へ(もう少しお付き合い下さい^^)

*Sat, 9th Jan '10*
前夜から新潟入りし、朝まで関越・土樽SAで車中泊。
朝6時過ぎ、永井さんから「本日のツアーはかぐらでやります!」との催行連絡を受け移動。
天候はたま~に 気温-3℃
前日までずっと降り続いた雪のお陰で、コンディションは最高に良さそう!
朝8時半集合。
今回のメンバー:ガイド3名、参加者6名+プロスノーボーダー2名!?
ナント!ラッキーなことに~雑誌でも多く見かける、プロの國岡あいちゃん岡 義明さんがジョイン!!
気分上々でツアースタート♪
先ずはゲレンデを3本ほど滑り、足慣らし。
今までの板より6cmも長くなった板を乗りこなせるか?かなり不安でしたが~
あれ??全然違和感ないかも・・・?と、直ぐに不安は解消。
そして、いよいよゲレンデ最高位からバックカントリーへ。
「う~~んっ!これは楽!!」慣れてくるととってもイイ感じ♪
クロスカントリースキーの様な要領で、摺足状態で一歩一歩ステップを踏み出します。
荷物が軽いので、身体がとっても楽!
「スプリットは絶対に履かない!」と言い張る頑固なダンナに、「ちょ~楽!たのしぃ~!」とアピール(笑)
途中で小休止や永井さんの雪山講座を交えながら、本日のスタートポイントへ。
P1090012.jpg P1090005.jpg P1090003.jpg P1090009.jpg P1090010.jpg P1090018.jpg P1090017.jpg コースイメージ
雪のコンディションは最高のアスピリンスノー!
そんな極上の斜面を・・「じゃぁ~レディーファーストで!」と私が第一滑走者に!
一番ヘタっぴな私が・・滑りたくてウズウズしている男性陣に申し訳ない・・
と思いつつ、意を決してGo
滑りは始めて直ぐに、今まで味わったことのない浮遊感とスピード
そして、自分の巻き上げた雪煙に視界が奪われ~いきなりビビってコケちゃいました(><)
あ゛~恥ずかしいっ・・悔しいっ・・ダサっ・・
もう一度気を取り直して、今度は自分をPushしながらGo
ヤバイ!ちょ~~気持ちイイ!!何この浮遊感!!!
今までの板では味わったことのない感覚に興奮状態。
最後までコケルことなく、しっかりと極上パウダーを堪能しました!!
↓ダンナのPlayを一瞬ど~じょ。
[高画質で再生]

kagura BC

[広告] VPS

爽快感を味わった後は、ツライ(?)沢のトラバース(笑)
アップダウンあり、木あり、油断すると沢に落ちる危険あり・・とにかく苦手。
四苦八苦しながら、何とかみつまたゲレンデに辿りつきました。
あとは、リフトを乗り継ぎ、連絡コースを滑りかぐらゴンドラ乗り場でツアー終了。
あ~~楽しかった!!
今シーズンも初めから大当たり~
何だか、昨シーズンから雪山で全ての運を使い果たしてしまっているような・・(笑)
幸先の良いバックカントリー デビューとなりました

カテゴリ: Snowboarding

tb: 0   cm: 0

« Roamer  |  “あたし元気になったよ~!” »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://etcetelife.blog.fc2.com/tb.php/179-43fcb41a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。